破産認定がなされたときどういう類の損・デメリットがあるかは、考慮してみた人々にとって絶対に1番知っておきたいインフォメーションだと考えられます。そこで自己破産者にもたらされる不利益に関して事柄を箇条書きにしようと思います。・市町村役場の破産者の名簿に載ります。※正式な身分書を作成するためのデータであるので担当者以外は閲覧することができないはずですし免責の認定が与えられれば消されます。・官報に周知される。※普通の新聞とは違って通常の書店には置かれていませんし、大抵の人達には関連のないものだと思われます。・公法での資格制限。※自己破産者になったときは法律専門家、会計士、税理士などといったような資格保持者は資格失効になってしまい事業をすることができなくなります。・私法上におけるライセンス限定。※自己破産者は後見役、連帯保証者、遺言執行人を請け負うことができません。そして合名会社、合資の企業のメンバーならびに株式形式の企業、有限会社の監査担当者については退任理由になってしまいます。・各種ローンやカードを利用することができなくなります。なお、破産管財人事件のとき下記の限定があります。・破産者の所有物を自由に維持、譲渡することができなくなります。・破産管財役や貸主委員会の呼び出しがあれば適当な解説をしなければなりません。・地方裁判所の承認なしに住む場所の引越しや長めの旅行をしてはいけません。・裁判官が必要であると認定した場合は破産者は拘束されるときがあります。・郵便物は破産管財をする人に送られ、破産管財を行う者は受け取った送付品を開封可能です。他にも、破産した方の困難で、しばしば誤解されがちな要点を一覧にしました。1戸籍そして住民データには載りません。2企業は自己破産したことを原因に退職をせまることは許されません。※基本的に本人が言わないかぎり会社に気づかれる可能性はないでしょう。3選挙権限や被選挙権などの権限はそのままです。4保証者ではない場合は、血縁関係者に肩代わりする責務は存在しないです。5必要最小限の生存に欠くことのできない家財道具(デスクトップPCTVなどを含む)着用品などは差し押さえないです。破産人の不便性に関連してリストアップしてみました。破産申請をすることで返済義務はまっさらになりますが上記のような困難もあります。破産申請を実行する上で損失真剣に考慮した方がよいといえます。